2013.05.11

タンザニア行(3)不意打ち

2012年12月29日(土)お昼ごろ

長い長い待ち時間と搭乗時間を経て、ダルエスサラームの空港に到着。
ビザは空港で取得できる。申請用紙を提出する前に、係の兄ちゃんが添削してくれるので安心。今回も誕生日と出生地の欄を間違えた。以前はパスポートの査証 欄1ページまるまる使用する巨大なビザだったが、入国スタンプの周りにビザ代支払い済みとペンで記されるだけになった。

ゲートを出る。蒸し暑い空気が全身を包み込む。不快には感じず、むしろ日本の寒さで凝り固まった身体が、じんわりとほぐれていくような感覚だった。

ジュリウス・ニエレレ国際空港, ダルエスサラーム/ Mwalimu J.K. Nyerere International Airport, Dar es Salaam

(写真は2008年撮影)


ジュリウス・ニエレレ国際空港, ダルエスサラーム/ Mwalimu J.K. Nyerere International Airport, Dar es Salaam

赤い扉から入国者が出てくる。


空港の入国ゲートを抜けた僕に、とんでもない不意打ちが待っていた。

「空港で指定のタクシー運転手と合流。携帯電話を受け取ったのち、ホテルへ向かわれたし」

これが運び屋である僕に下された次の指示であった。しかし、よくよく考えてみれば、僕はタクシー運転手の顔も名前も知らない。これで合流できるのだろうかと不安に思っていた矢先である。ゲート前で入国者を待つ人だかりのなか、ある男性が胸元に掲げていた紙の文言が、僕の目に飛び込んできた。

「Welcome! ◯◯さま(←僕の実名) 左利き・男性・身長180cm程度」

名前まではわかる。しかし、身長や利き手はいったい誰に当てたメッセージだというのだ。せっかくの隠密気分も台無しではないか。
……とはいうものの、おかげで無事合流することができた。しかも僕が利き手についてこだわっていることを、友人たちが覚えてくれていたというのは、なんだかうれしくもあった。いささか動揺しつつ、タクシーに乗り込んだ。

2013.05.06

タンザニア行(2):運び屋気分で

2012年12月28日(金)

午前中にあわただしく支度をして、昼ごろ出発。
70リットルほどあるバックパックと、サブのリュックサックは満杯となった。
荷造りが苦手なのと、友人夫妻に頼まれた荷物が入っているためである。

「持ってきてもらいたい荷物を家に送るので、住所を教えてほしい」
出発の2週間ほど前、友人夫妻からメッセージを受け取った。
住所を教えて数日、僕の家に、小さな段ボール箱がひとつ届いた。

最初連絡を受けたとき、どういう意味なのかよくわからなかった。つまりは、タンザニアからネットで注文して、僕の家に届くように手配したということだったのだ。
侮りがたしネットショッピング、恐るべしIT革命。

どこからともなく届けられた荷物を持って、タンザニアへ。
なんだか運び屋になった気分である。


上海浦東国際空港/ Shanghai Pudong International Airport

同日夕方、上海浦東国際空港に到着。ここで5時間ほど次の便を待つ。チケットの都合で、一度出入国しなければならなかった。いくつか持ってきた文庫本を読んですごす。
上海からドーハへ向かう便は、中国での商売や出稼ぎの帰りか、中東系とおぼしき人びとが大多数。家族連れもいれば、男性のみの集団もいたりとさまざま。言語もアラビア語だけではないようだ。チェックインや入国審査の列で並んでいるあいだ、彼らをこっそり観察して、ドーハ経由でどこへ行くのかを想像したりする。子どもへのおみやげか、ヘリコプターの模型のラジコンを荷物とともにカートで運んでいるのを何人か見かけたのが印象的だった。


ドーハ国際空港/ Doha International Airport

ドーハ国際空港は、行きの便はほとんど待ち時間がなかった。そろそろ新空港がオープンすると聞いて、ちょっと楽しみにしていたが、残念ながら旧空港のままだった。
手前の女性は食ってないでさっさと搭乗しろよと思ったが、僕も写真とってないでさっさと搭乗しろよと。後ろのカタール航空の職員も思っていたことであろう。

2013.05.03

タンザニア行(1):はじめに

2012年の年末から2013年の年始にかけて、タンザニアに行ってきた。
今度で三回目、いずれも現地在住の友人夫妻にやっかいになりながらの旅行である。

一回目(2007-08年)は、タンザニア東部・タンガニーカ湖沿岸の町キゴマとウジジ、そしてインド洋に浮かぶザンジバル島へ。はじめてのサハラ以南アフリカの旅行で、かなり緊張したのをよく覚えている。

二回目(2008-09年)は、北部のキリマンジャロ山周辺の自然公園でサファリ、そしてまたザンジバルに。サファリでは、大阪からきた男性四人組と現地で合流してみると、仕事でお世話になっている人のグループだったり、ザンジバルでは学生時代の恩師と卒業生が集まったりと、おおむね友人知人としか出会わない旅行であった。

そして今回の三度目。友人夫妻は仕事も変わり、住んでいる場所もダルエスサラームからムトワラというモザンビーク国境近い南部の町となった。

ダルエスサラームから海岸沿いに陸路で南下し、いくつかの町を寄り道しながら彼らの住むムトワラ入り、帰りは飛行機でダルエスサラームへ、とおぼろげながら考えていたが、友人夫妻も車で北上して、途中のキルワという町で合流することになった。キルワには、世界遺産に登録されたイスラーム交易地の遺跡がある ので、一緒に見学しようというのだ。

日程は12月28日発、1月4日帰国。
7日間のうち行き帰りの2日は機内か空港で過ごし、実質のタンザニア滞在は5日間。実に短い。そしてなによりチケットが高い。サーチャージよ滅びよと、星に願わずにはいられない。

ちょうどカタール航空がチケットのセールをやっていたのと、上海経由にすることで少しは安くおさえられた。そのぶん待ち時間も長くなるのだが……。

2012年12月28日 関空 → 上海
12月29日 上海 → ドーハ → ダルエスサラーム
12月30日 ダルエスサラーム → キルワ・マソコ
12月31日 キルワ・マソコ、キルワ・キシワニへ日帰り
2013年1月1日 キルワ・マソコ → ムトワラ
1月2日 ムトワラ → ダルエスサラーム
1月3日 ダルエスサラーム → ドーハ
1月4日 ドーハ → 上海 → 関空

というのが大ざっぱな旅程。移動しかしていないような気がするが、根無し草の旅も嫌いではない。

次回よりぼちぼち始めていきます。

タンガニーカ湖、キゴマ/ Lake Tanganyika, Kigoma

タンガニーカ湖。キゴマのアクア・ロッジにて。タンガニーカ湖に生息する魚は、左利き界にとってはとても有名。2008年。


ダルエスサラーム/ Dar es salam

ザンジバルへ向かう小型飛行機の窓から見下ろすダルエスサラームの街。2008年


ンゴロンゴロ保全地域 タンザニア/ Ngorongoro Conservation Area, Tanzania

ンゴロンゴロ保全地域。遠くに何かが一列になっていると思ったら、マサイのウシだった。2009年。


タンザニアのどこか/ somewhere in Tanzania

サファリの帰りのタンザニアのどこか。トラックの荷台に乗った二人は、向い合って何を話しているのだろうか。おそらく二度と会うことのないだろう彼らの生活の一端を垣間見た瞬間。2009年。


キリマンジャロのふもとの町モシの教会のゴスペル。いい声で足を止めてしばらく聴いていた。2009年。

2012.01.01

マラッカ滞在

ただいま2012年1月1日。どちらさまも明けております。
----------

マレーシア二日目の12月29日は、マラッカへバスで移動しました。

一階が商店、二階以上が住居で、間口が狭く、奥行きが長いという独特の建築ショップハウスがたくさん残されていて、宿も ショップハウスを改装したところに泊まりました。久しぶりのドミトリーです。エアコンつきなのはいいですが、同室の皆さんは比較的朝がゆっくりめで、旅行中だけ早起き派な僕としてはとても気を使うので、交渉してマラッカ最終日の12月31日だけシングルルームをゲットしました。部屋にオードリーヘプバーンのイラストが飾られています。

この宿では、日本語がとても上手な韓国人女子学生二人と出会いました。宿の人との英語での会話を助けてくれました。最初日本人かと思ったぐらいです。彼女たちはこれから一ヶ月ほど、アジア地域を旅する予定で、次はインドに行くとのこと。

もう一人出会ったのが、84歳の日本人男性のバックパッカー! 宿の共有スペースにいつも座っているので、はじめは宿の関係者、たとえば先代のオーナーかなにかなのかなと思っていたのですが。

海外旅行をはじめたのが60歳代というのもびっくり。耳は少し遠いけど、足腰はしっかりしているし、まわりの人ともコミュニケーションをとっている。マラッカには何度も訪れていて、朝食に宿の近くのお店で飲茶を食べるのを楽しみにされているとのこと。僕も二日ご一緒しました。焼いた麩の入ったお粥や、もち米の上に鶏肉を乗っけたもの、具がたくさん入りまくった肉まんを、烏龍茶とともに美味しくいただきました。

いろいろと高齢の方とお話する機会はありますが、人生まだまだ長いなーといつも思います。また日本人のあいだだけでも、いろいろな生き方あるんだなと。


1325387705088.jpg


1325387709736.jpg


1325387712776.jpg


1325387714814.jpg

2011.12.31

マレーシアにおります。

ブログのリハビリ的に。
----------

ただいま12月31日、マレーシアのマラッカにおります。って、1月3日には帰るのですけれど。

12月27日に仕事を終え、バタバタと深夜に旅立ちました。飛行機のなかで日付が変わって28日の午前、クアラルンプールに到着。珍しくホテルを予約して、場所もグーグルマップで確認していったら、そのマップに記されている場所自体が間違っていたというなんともお間抜けなアクシデントがあり、右往左往してしまいました。

この日はあまり時間もなかったので、ペトロナスタワーやその周辺の巨大ショッピングモールをそぞろ歩いたり、 中華料理屋でチキンライスを食べたり(美味)、屋台でドリアンを一個まるまる食べてみたり(微味)。ドリアンは初めて食べましたが、なかなか複雑な味と匂いでした。アボカドのようでもあり、甘い果実のようでもあり、タマネギみたいな匂いでもあり。おかげでドリアンの匂いが判別できるようになりました。

高層ビルがにょきにょきと建っているあいだに、負けじと高木が生えている景観が面白いです。 さすが熱帯。しかもそれに電飾をつけてライトアップ までされてました。都会だけど、緑もたくさんある印象です。

マレーシアの多民族性は、住居や建築様式にもあらわれると聞きかじったので、そういうのもみていくと面白いのかなーと思います。


1325263256805.jpg

1325263261544.jpg

2009.12.27

エジプトに行きます。

いま乗り継ぎでドバイ国際空港にいます。かれこれ六時間ほど…
空港内は無線LANが使えるので、iPhoneを使って書き込んでいます(素敵)。
目的地はエジプトで、地味にナイルデルタ周辺をぶらぶらする予定。
エジプトの通信環境がいまいちよくわからないのでどうなるかわかりませんが、ブログも更新できればと思います。
そのほか、「ぷりみてぃぶ」なつぶやきはツイッターでやってます。
http://twitter.com/nasserhaff

ではまた。次の更新が帰国後、さらに一年後でないことを祈りつつ。

2008.06.13

融和の地平へ

目が離せない奈良せんとくん問題。本日意外な展開を見せた。

事態は昏迷するかに見えたが、こちらの記事を見てほしい(思わずウェブ魚拓までとってしまった→こちら)。

なんと、せんとくんとまんとくんが同じシャッターに描かれ、共演を果たしているではないか。
僕が撮ったのは、どうやら隣りにまんとくんが描かれる前のものだったようだ。確かに、左側に妙なスペースがあって不自然だ。

記事には、市民からは「並んで見ると結構いいコンビ。これからは仲良くやってほしい」と温かい声も聞かれた。 とある。

不毛な対立を越えて立ち現れる融和という第三の道。
そうなのだ。みんな平穏な生活を望んでいるんだ。誰も好き好んで不平不満をもらしているわけではないんだ。南北朝時代とか言ってたらだめなんだ。パンチェン・ラマ問題みたいとか書きかけて、さすがに不謹慎かなとか思ってやめたけどやっぱりだめなんだ。
世界平和に思いをはせ、「せんとくん:まんとくん」という、安易な二項対立への反省をしたようなしないような気になった。


----------
せんとくんがキャフフと笑ったり、シーッと沈黙を促したり、涅槃仏状態になったりしている12種類の愛くるしいポーズ集もどうぞ。

2008.06.12

既成事実

8日はisaak氏とHOWE氏で奈良で会合。

今の奈良でいちばんホットな話題といえばせんとくん問題。つぶらな瞳の愛くるしい奴である。
聞くところによると、せんとくんに反発した反せんとくん派が「まんとくん」を独自に擁立。せんとくん派とまんとくん派の対立で、いわば南北朝時代みたいになっているというではないか。隠れせんとくん派の僕としては気になっていた。

実際、ならまちを歩いてみると、意外と彼らの姿は見かけなかった。どちらのキャラクターもあふれかえっていると思ったのに。キャラクターグッズがなかったのも残念。

C30133

そんな中シャッターにいち早くせんとくんを描いたお店あり。

C30134

しかし商店街の掲示板には、「新しいキャラクター」としてまんとくんが紹介されていた。そ、そんなー。

C30135

あとはこの張り紙。いや、「決まりました」って言われても戸惑うばかり。

個人的にはせんとくん派なのだが、やはり外野だから言えることなのだろうか。奈良県民のHOWE氏も微妙な反応だった。あらためて「当事者性」について思いをはせたつもりになった。

平城京遷都1300年祭まであと2年。2年後はみんな燃えつきて何も言わなくなってしまうんじゃないだろうか。
僕の予想では、もっと微妙なキャラ造形の「おくとくん」「ちょうとくん」が登場すると思う。そして彼らに対抗するため、せんとくんとまんとくんが歴史的和解を果たし、握手している画像が発表されるのではないか。


----------
せんとくんをデザインした芸術家の方のページには、他では見られないすごいせんとくん画像がっ。日本語のページから入ってみてください。

2008.06.09

伏見稲荷・無限鳥居

先々週の土日は、所用で深草に行ってきた。

土曜日。昼ごはんを食べる場所を探して歩いていたら、いつの間にか伏見稲荷までやってきていた。
仕方がないので京阪の駅前にあったラーメン屋「翔龍」で塩ラーメンを食べ(美味)、伏見稲荷まで行ってみることにした。
伏見稲荷の名前は良く聞くが、実際何があるのかはあまりよく知らなかった。
鳥居が連続して建っているところで、ああこれが千本鳥居なのかと思ったわけであるが、デジカメを持ってこないともったいないと感じ、電車で深草へ戻った。雨も降っていたし。

そういえば深草で友人Sにひさしぶりに会った。彼はガルマ・ザビのような髪型をしていた。

それはともかく日曜日。
午前中で用事を切りあげ、伏見稲荷に再び。駅前でうな重を食べた(美味)。

C30125

C30126

徘徊の記録」さんから久しぶりのトラックバックをいただいたので、手水舎の看板も撮っておく。よく見かけるのは少女のイラストなのだが、この看板は伏見稲荷オリジナルなんだろうか。

C30127

C30128

さて、千本鳥居をくぐっていく。背の高さもいろいろ。二手に分かれているものもあった。
土曜日は戻ってよかった。思った以上に起伏が激しく(だって山だから)、全部回ろうと思ったら1時間以上かかるだろう。来た道を戻るのは嫌なので、ひとまず全部まわってみる。

今日は曇り。蒸し暑く、汗をだらだらかきながら歩く。前に買ったトレッキングシューズをはいてくればよかった。足もガクガクだ。連続して立つ鳥居をくぐりながら歩いていくと、ちょっとしたトリップ感がある。

C30129

ものすごい鮮やかな青の服に身を包んだ婦人が僕を追い抜いて行った。後姿の写真をとろうと思い、追いかけたのだが、足が速すぎて追いつけなかった。ブレブレだがなんとか一枚撮れた。鳥居の朱色とのコントラストがきれいだ。

ところどころに飲食処や、小さな鳥居を売っている店がある。参拝者にとっては一息つけたりしていいのだが、お店の人はここに住んでいるのだろうか。それとも現地の人しか知らないルートで山を上り下りしているのだろうか。ひやしあめやジュースなどを飲みつつ歩みを進める。

C30130

ふもとに、はじめにくぐった大きな鳥居が見える。
戻るのはいつも面倒くさい。

C30131

修学旅行生とときどきすれ違う。「吉日建之」って人、たくさん鳥居を建ててすごいなぁ。と話しているのが聞こえた。確かに鳥居にいっぱい書いてあるね!

C30132

合格祈願の千羽鶴。

2008.05.18

ダルエスからキゴマへ

2007年12月29日

早朝。4時半ごろ。時差ぼけのため簡単に目が覚める。
ぼくは飛行機でタンザニアの西の端っこにあるキゴマという町に行く予定。
マサウェ夫婦は、ぼくよりも早い時間にバスでモシ方面に向かう。
途中でム君と合流し、車でバスターミナルへ。

ところがトラブルが発生。彼らが予約していたバスが来ていないのだ。どうもケニアで起こっていた暴動の影響があったそうなのだが、次のバスの予約をとりつけ、いったん戻る。日本ではまず起こりえない理不尽な出来事を「タンザニア劇場」と揶揄することがあるらしい。なるほどこれが劇場国家か。って違うか。

時間をおいてからターミナルに再度向かう。今度は大丈夫だったようだ。マサウェ夫妻とはここで別れて、ム君の運転で空港へ送ってもらった。

空港の建物は空調が効いておらず(外気が入ってきているので)暑かった。ちょうど同じ便に乗る日本人の男性とロビーで話していたのだが、彼は滝のような汗をかいていたので、大丈夫かなぁとちょっと思った。日本との寒暖の差で体調不良にならないかと思っていたが、いまのところぼくは平気。
彼はキゴマの南にあるマハレ山塊国立公園にチンパンジーを見に行くという。

C30124

プレシジョン航空の小さなプロペラ機でキゴマに出発。30人乗りぐらいかな?
機内では、シートベルトなどの説明を乗務員が実演していておもしろかった。
小さい飛行機ながら、コーラやサンドウィッチが出た。

いちどタボラの空港に立ち寄って、いよいよキゴマへ。

より以前の記事一覧

C3メモ


  • www.flickr.com
    nasserhaff's items Go to nasserhaff's photostream

無料ブログはココログ