2005.07.21

塊は魂

ロマンティックゲーム『みんな大好き塊魂』のサウンドトラック、『塊は魂』。断言されてしまいました。

前作『塊フォルテッシモ魂』とは予算の額が違うのかなぁといろいろ思いました。歌詞カードはカラーだし、タワーで買うと特典つきだし。

まず一曲目、海外ファンが耳コピでカヴァーした「塊オンザロック」を、ナムコスタッフがそのまんまのアレンジでカヴァー返ししてるのがおかしかったです。


野宮さんの「ベイビーユニバース」、よく聴いてみると、それほどピチカートっぽくもないかなと思いました。

ストリングスの使い方が、ピチカートにはあるようでない感じですね。強いていえばシングル版の「パーフェクトワールド」に似ているかも。コーラスの心地よさやベースが妙に効いているのもそれっぽい。いやそれ以前に楽曲として大好きです。


キリンジは意外と楽曲に関わっていなかったみたいですね。「つよがり魂」も、編曲をしただけのようですし(しかも境亜寿香さんと共同)。「ヒューストン」という曲、堀込兄樹氏が歌ってるんじゃないかと思ったのですが違ったようですね。なんか似てるんです。


YOUの「天使の雨」は、序盤はしっとりフレンチ風味。しかし後半になると、たとえて言うなれば須永辰雄やFPMのアルバムの二曲目あたりに来そうなアップテンポでクラブライクな曲に様変わりします。ちょっとわざとらしい感もあるブレスや歌い方がまたいいですね。


今回も続投の新沼謙治氏の「Disco★Prince」は、前作の「月と王子」が個人的に名曲すぎたために取っつきにくかったのですが、だんだん慣れてきました。

この曲を聴いていると、『探偵!ナイトスクープ』にて、昔ディスコで踊っていたあの曲で再びフィーバーしたい!と依頼してきた農家の男性のことを思い出します。家で踊ったらフィーバーしすぎて窓ガラス割っちゃったのがおかしくておかしくて。


エンディングに流れる「キングオブキングのうた」もすごいですねぇ。『スターウォーズ』みたいなオーケストレイションは、ワルシャワ・フィル・ハーモニーによるものだそうで。無駄に壮大です(『SW』の壮大さは無駄じゃないよたぶん!)。
ある仕掛けのおかげで、初めてエンディングを観た時は最後まで聴けませんでした。


本当に残念だと思うのは、ゲーム中で使用された曲すべてが収録されていないことです。あと、公式で配信されてるムービーの後半に流れていた、「天使の雨」のデモトラックらしきものも音源化してくれないものかと思いました。オンザウェブで配信とかしてくれないかな。

そういえば、最後の「I love you」というトラックはどういう意図があったのか。謎が残る最後でした。

-----
コロムビアのサイトで一部試聴できます

2005.07.08

みんな大好きなのさ、塊魂だぜ

(自称)名作『塊魂』の続編、『みんな大好き塊魂』を購入しました。原寸大王子の着信マスコットを手に入れるために予約までしておりました。

システムはほとんど変わっていませんが、ステージごとに巻き込むもの(動物とかホタルとか)が違ったり、力士に食べ物を食べさせたり、雪だるまをつくったりと、できることが増えています。僕はレーシングと動物園のステージがお気に入りです。レーシングのステージは軽く酔いますけどね…。お菓子のステージに出てきたつぶらな瞳の犬の画像に爆笑しました。

イトコ・ハトコで転がせるのもいいですね。ハトコは遠い血筋のためか、人(王子)型をしていないのが生命の神秘を感じさせます。

期待していたサウンド面も少し。
前作よりもネタ臭さは減ったものの、どれもクオリティ高いです。ゲストヴォーカルではない曲もいいです。「塊ホリデイ」とか「ヒューストン」とか。新沼謙治氏の曲は、ラップの部分を聴いていると「おら東京さいぐだ」を思い出してしまいます。

キリンジ「つよがり魂」もアウェイ感は否めないものの、「キリンジらしさ」が出ています。語尾の「のさ」と「だぜ」にひみつが隠されているような気がします。リフレッシューリーフレッシュー。

野宮さんの「ベイビーユニバース」も、昔フミヤートが作ったゲームのタイトルみたいですが予想を上回る良さです。正直m-floとのコラボよりこっちのほうがいいです。「恋に落ちるのー」というフレーズもピチカートっぽくてナイスです。

野宮さんのブログによると、ご本人もプレイなさっているご様子(以下引用)。

>そして、もうひとつは本日発売のナムコの塊魂2というゲームで歌を
>歌っていますので4649!
>私はこのゲーム大好き。一日の終わりに塊転がしてスッキリして眠りにつきます。
>やってみてね!

ソウソウ、オモシロイヨネ塊魂2。
…ッテ、タイトルガ違ウ!王様ダマサレナイワヨ!という感じです。


<050712追記>
野宮さんのブログに訂正がでてました。
KISSのマトリョーシカすごい。

2005.05.21

塊ステキソング魂

発売を心待ちにしているロマンチックアクションゲームの『みんな大好き塊魂』。その魅力のひとつであるステキソングの参加アーティストが決定しました。

『みんな大好き塊魂』参加アーティスト(公式より)

本当にうわーーー!!と叫んでしまいました。
キリンジが来るのではないかと思っていたのですが、野宮さんやカヒミ・カリィやYOUまでくるとは! キリンジの日本コロムビア移籍第一弾はこの曲となるわけですね。

新沼氏と松崎しげる氏も続投で楽しみです。浅香唯のような元アイドル枠や、坂本ちゃんのオカマ枠がなくなったのはちょっと残念です。

「塊オンザロック」は海外サイトで一部聴くことができたのですが、はじめは郷ひろみが歌ってるのかと思いました(もしかすると、別の人が歌ったデモヴァージョンだったのかも)。歌っているのはDokakaというヒューマン・ビート・ボックスの人だそうで。ググってみるとビョークのアルバムに参加してたりして、なかなかすごい人のようです。

宮崎吐夢もインパクト大ですな。「matakitene」が印象深いです。

サントラも発売されますが、これ『塊魂』のサントラじゃなくても買ってしまいそうなラインナップです。非常に楽しみです。

2004.12.16

『塊魂』の続編発表

ロマンチックアクションゲームの『塊魂』は、今年の個人的ベストゲームのひとつなのですが、噂されていた続編がついに発表されました。題して『みんな大好き塊魂』。なんだか強引なまでに大衆性をアッピールしていますね。「2」ではないのはさすが一筋縄ではいかないゲームです。

新しいマップと曲が追加されるだけでも買ってしまいそうなのですが、追加要素も、たぶん・きっといろいろあるのでしょう。公式のスクリーンショットで王子が転がしてるのは、新ステージ(?)の教室ようですね。個人的には、ステージ内をぶらぶらと散歩するモードが欲しいです。あと、対戦以外でもイトコで転がしたいです。

なんだかよくわからないヴォーカルトラックの人選も(しかもなんだか名曲ぞろい)、次回作ではどうなるのでしょうか。なんとなくムッシュかまやつと濱田マリと南野陽子の顔が浮かびました。ナムコつながりでキリンジとかかせきさいだあ≡とかこないかな。とにかく期待大です。


塊魂オンザウェブに急げ!(いままで毎週のように更新されてたのが、とうとう更新停止となりました)

2004.12.08

コントローラーと左利き?

ニンテンドーDSの記事を書いていてふと思ったのですが、ゲームのコントローラーって右利き、左利きどっちが扱いやすくできているんでしょうか。左側に方向をつかさどる方向キー(十字キー)、右側に実行をつかさどる二つ以上のボタンというコントローラーの配置は、ファミコンの頃からあったものですから、まったく逆の配置を経験したことがありません。方向キーかボタンのどちら操作が重要なのかは、ゲームのジャンルによっても変わってくる部分もあるかもしれませんが、ちょっと考えてみようと思います。

やはり、連打系は苦手ですね。『ハイパーオリンピック』というゲームでは、右利きの友人は指の背(上側)をABボタンにガチャガチャとすり合わせることによって連打していましたが、僕はそれがうまくできなかったため、わざわざ左手に持ち替えて連打していた覚えがあります。

あと、セガ・サターンは右側のボタンが6つも付いていたのですが、あれはさすがにわけがわからなくなりました。これは利き手には関係ないかもしれませんが、右側のボタンは4つが限度かもと思ったり。ピチカート・ファイヴの「大都会交響楽」がテーマソングの推理アドベンチャー『クロス探偵物語』目当てで買ったのですが、後にPSに移植されてしまいました…。

一方、方向キーの操作が細かいときは左手が良く利く方がよいかもしれません。たとえば格闘ゲームの技のコマンドは、方向キーの細かい操作が要求されます。アクションやシューティングゲームも、操作の肝は方向キーのような気がします。シューティングは苦手ですが。ただジャンプボタンがAボタン(右側)だったりする場合は話が違ってきますね。

右利き左利きどちらにせよ、得手不得手があるとは思いますが、ボタンを「押す」操作にはそれほど差異は現れないのかもしれません。ニンテンドーDSの場合は、タッチスクリーンによって「押す」以外にもさまざまな操作が可能になった(あるいはしなければならなくなった)ため、方向キーを併用する場合は、利き手設定を実装してもらいたいものですね。


*こんなのも見つけました→PS1/2用左右反転コントローラー(TVゲーム機器のお店・G-take.comさんより。売り場はこちら
混乱しそうですね。しかし気になります。

2004.12.07

ニンテンドーDSは左利きも対応

最近発売された任天堂の新携帯ゲーム機、ニンテンドーDS(以下NDS)。二つの液晶画面を持ち、しかも片方(下側)の画面はタッチスクリーンで、画面に直接ペンやら指やらで触れて操作可能という画期的なものです。宇多田ヒカルがCMに出ていますが、別のCMを見て戦慄が走りました。

そのCMは、どうやら作曲をするゲームのものなのですが、左手で十字キーを操作しながら、右手にタッチペンを持ってタッチスクリーンに何かを書いているシーンがあったのです。左手でペンを扱う左利きにとっては、NDSのタッチペンだって左手で操作したいはずです。他のゲームではタッチペンで字を書いたりするものもあるから、なおさら右手では書きづらいし、苦痛に思ってしまいそうです。

なんだよ任天堂、『ゼルダの伝説』のリンクだって左利きじゃん、製作者の宮本氏だって左利きじゃん、『ドルアーガの塔』のリザードマンだって左利きじゃん、君たちにレフトハンドソードが扱えるのかい?、などと現在NDS購入予定なしのくせに愚痴っていたのですが、nintendodsさんのNintendo DS ブログこの記事によれば、『さわるメイドインワリオ』というゲームでは、右利き/左利き設定があり、左利き設定にすると、左側の十字キーと、右側のABXYボタンの配置設定が反転するそうなのです。ソフト側で設定できるということなんですね。

そのためにNDSは十字キーとABXYボタンが左右対称に、同じような大きさにデザインされているそうです。ABXYボタンだと十字キーのように斜め入力ができないため、完全に左右反転はできなさそうなことや、従来のゲーム機で慣れてしまった十字キーの操作を右手でできるのかといった疑問もありますが、うれしい配慮だと思います。僕の中のニンテンドー株が急上昇しました。

現在、NDSを購入する予定はないのですが、『どうぶつの森』のDS版や、『ファイナルファンタジー3』のリメイクが気になっています。『ロマンシング・サガ1~3』の移植・リメイクされないかな。ロマサガ1はPS2でリメイクされますが、これも楽しみです。

<12月23日追記>
メトロイドプライム・ハンターズというゲームにて、操作に右利き/左利き設定ができると記述されている記事がありました。追記しておきます。→こちらNintendo iNSIDE - 任天堂ニュースサイトさんより)

2004.05.19

塊魂サウンドトラック『塊フォルテッシモ魂』

ただのゲームのサントラと侮るなかれ。9人のゲストアーティストの曲はもちろん、インストもなかなかのクオリティの高さです。あと妙にテンション高いです。それぞれの曲の個性が強くて統一感はあまりないですけど。ゲームしながら聴かないといまいちかな?と思っていましたがそういうこともなくノリノリです。

個人的には月と王子(新沼謙治)、ピコピコサウンドのLonely rolling star(椛田早紀)が良いと思いました。前にも書きましたけど、新沼謙治のちょっと訛りの入ったラップは味があって良いです(訛りは演出だそうですが)。ナナナン塊(鼻うた:ゆうさま)塊オンザロック(田中雅之exクリスタルキング)は頭の中でループしまくりです。気づけば「ナナーナナナナナーナーナーナ…」と口ずさんでしまいます。プレイしないとわからないのが残念。エンディング・テーマである松崎しげるの愛のカタマリー(元ネタは愛のメモリーか?)」などはいささか強引に感動のフィナーレへと導いてくれます。世界平和に必要なのは日焼けした肌です! ゲーム中、自分の作った星や星座を眺めることができるのですが、そのときに流れるカタマリ★スターズがインストではダントツに気に入ってます。切ないです。なんでこんな変なキャラや世界観で切なくノスタルジックになってるんだろうという感じです。

楽曲を手がけているのはナムコの社員さんというのも驚かされるというか。ナムコといえば、キリンジの堀込高樹氏やかせきさいだぁ≡氏がかつて勤めていたこともあるという侮りがたいゲーム会社だったりします。あと、いくつかの楽曲を担当されてる境亜寿香さん*1)という方、どこかで聞いた名前だと思ったらキリンジのリミックスアルバム「RMX2」に参加していた人でした。ナムコつながり? そんなわけでかせき・キリンジファンにもおすすめ!(サウンド的にはあんまりつながりないけど) もちろんそうじゃない人にもオススメ!(強引) 侮りがたしナムコ!! レッツ・リッスン!塊フォルテッシモ魂!!and レッツ・プレイ!塊魂!!(なげやり風)

*1)ヴォーカルトラックだとジャズ・トラックな真っ赤なバラとジントニック(水森亜土)ケ・セラセラ(チャーリー・コーセイ)を担当しています。インストのフーガ#7777も良いです。

「塊魂」プロデューサーの高橋慶太氏のインタビューはこちら
サウンドプロデューサー三宅優氏のインタビューもありました。こちら

塊魂公式

C3メモ


  • www.flickr.com
    nasserhaff's items Go to nasserhaff's photostream

無料ブログはココログ