« 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(5): “Gersten was an exceptional child in many regards.” | Main | 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(7):Ben Horne's chief regret remains the sale of the family's section of the Ghostwood Forest. »

2017.12.03

『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(6):"She seemed to vanish from public life."

ファイルは「ベンとオードリー・ホーン」。オードリーは「The Return」では数話ほど登場したものの状況はまったく謎だったので、気になるところ。


ヘイワード家の崩壊は(「ホーン家とヘイワード家」のファイル参照)、ホーン家にも影響を与えた。もともと別居状態にあったベン・ホーンと妻シルヴィアは、その2年後に離婚した(1991年か)。二人ともツインピークスにはとどまった。ベンはそのまま家族の家に。シルヴィアは重度の自閉症である息子ジョニーとともに、ゲート付きのマクマンション(質より規模重視の豪邸とのこと)に移り住んだ。

ベンとシルヴィアの娘オードリーが昏睡から目覚めたのは、銀行の爆発事件から3週間半経ったあとだった。彼女はどうやら銀行での一件を覚えていないらしい。オードリーは元の生活に戻ったかのようだったが、2つの出来事により、その軌道は変わってしまった。

それは、ベンがホーン家が所有していたゴーストウッドの森350エーカーの土地(東京ドーム約30個分なんだそうな)を売却したこと。オードリーはこれに反対して銀行に抗議活動に行ったところ、爆発に巻き込まれたというのに……。この土地では、ただちに秘密主義の投資資本グループによる民間所有の州立刑務所の建設がはじめられた。オードリーがそのことを知ったのは退院して2ヵ月後。そしてそのとき、妊娠が発覚した。

オードリーは父母からの経済的援助をきっぱりと断り、家を出た。小さなアパートで、シングルマザーになろうとした。息子リチャードが産まれたのは、ちょうど19歳になったとき(1989か90年)。結局、高校に戻ることはなく、総合教育開発テスト(GED)を独学で2年かけて修了した。それからコミュニティカレッジで経済とビジネス経営を学んだ。

学位を得たあと、彼女はツインピークスに美容室を開いた。かなりうまくやっていたようだ。リチャードの父親については、オードリーは決して語らなかった。もしかしたら、彼女は父親が誰なのか知っていたのかもしれない。タミーは、彼女の美容室のオフィスの壁に、デイル・クーパーの写真がかけられているのを目撃している。

オードリーは、父ベンがリチャードと会うのを決して許さなかったらしい。母シルヴィアとは交流をもっていたようだ。その状況が変わったのは、リチャード10歳の誕生日のとき(2000年)。オードリーは長年のつきあいのある会計士と結婚した。立会人(目撃者? Witness)によれば、愛情というよりも財政上の便宜によるものだったらしい。タミーの調査によると、公共の場での口論や、深酒や言葉によるいじめ、不貞などの記録があるらしい(それらすべて妻側によるものとのこと)。二人は少しのあいだ、結婚カウンセラーにみてもらっていた。そして、オードリーはメンタルヘルスの専門家にもみてもらっていたようだ。しかし、それらの記録は隠され、タミーはアクセスできなかった。

そして4年前(ということは2012か3年)、何の前触れもなく、オードリーは美容室を閉めてしまった。彼女は公的な生活から消えてしまったようだ。引きこもったのか、プライペートケア施設にいるという噂もあるが、ホーン家のスポークスマンは彼女の行方についての回答を拒否した。


爆発事件以降のオードリーの動向がおぼろげながらわかったような、わからんような。「The Return(以下、R)」のオードリーの状況と、『ファイナル・ドシエ(以下、F)』の記述を照らし合わせてみると、

(R)オードリーはチャーリーと結婚している
(F)オードリーは会計士と結婚しているが、夫の名前については言及がない。

(R)オードリーはチャーリーと離婚してもいいと思っているが、何かしらの契約があるらしい
(F)愛情よりも経理的便宜のための結婚らしい。夫婦仲はあまりよろしくなかった記録がある

(R)オードリーは、2日前から行方不明の浮気相手ビリーの行方を気にかけている。別のシーンでもビリーを探している人や、目撃している人が登場する。
(F)不貞の記録もあるようだが、ビリーの名前は触れられていない。

(R)ネタバレとなるが、オードリーはチャーリーと自宅らしき場所からロードハウスへ移動し、夢から覚めたみたいに真っ白な部屋へ一瞬でジャンプする。
(F)4年前から公の場で姿を見せなくなる。プライベートケアを受けているという噂もある。


タミーの調査で、オードリーはリチャードを生み、結婚したところは確認できたけど、「The Return」での描写がどこまで現実のものだったのか。チャーリーも本物の夫なのでしょうか。個人的には、「The Return」のオードリーのシーンは、彼女の内的世界が現実世界と微妙にシンクロしながら描かれていると解釈しました。オードリーが健在なら、ホーン家の人間が彼女のことにまったく触れないのは違和感があるし、リチャードが野放しになっているのもおかしいと思うので。

旧シリーズでの小悪魔からとんだあばずれに……。爆発に巻き込まれて生死をさまようわ、謎の妊娠をするわで境遇が不幸すぎるので仕方ないでしょうか。しかもあずかり知らないところで息子が犯罪者になったあげく消滅するし。爆発事故以降ずっと昏睡状態のほうがまだマシだったなぁ。


「ベンとオードリー・ホーン」のファイルの続きはまた次回に。

« 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(5): “Gersten was an exceptional child in many regards.” | Main | 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(7):Ben Horne's chief regret remains the sale of the family's section of the Ghostwood Forest. »

ツインピークス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(5): “Gersten was an exceptional child in many regards.” | Main | 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(7):Ben Horne's chief regret remains the sale of the family's section of the Ghostwood Forest. »

C3メモ


  • www.flickr.com
    nasserhaff's items Go to nasserhaff's photostream

無料ブログはココログ