« ああそうだったと思いだした:映画『少女は自転車にのって』を観て | Main | 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(序) »

2014.03.29

真夜中のフランス革命

深夜の徘徊が好きである。
オレンジ色の街灯に照らされる車道。シャッターが降り、静まり返った商店街。鼻腔を伝う空気も、まったく違うように感じられる。墓場に怯え、時折すれ違うのは本当に人なのだろうかと勝手に想像する。これを味わえるのは自分一人だけではないか。われこそは夜の住人、一鬼夜行だと独りごち。

自分の足音や、好きな音楽を聴きながら黙々と歩いていると、日常のことから空想・妄想まで、さまざまな思考が頭をもたげてくる。しかし大体は立ち止まると忘れる。ひさびさに終電を逃し、家まで数時間かけて歩くことが最近あったため、そんなことを考えていたら、同じ感覚を覚える映像がYouTubeにあった。水曜日のカンパネラというユニットの「マリー・アントワネット」である。

夜の浅草、仲見世通りを謎の女が練り歩く。女が口ずさむのは、フランス革命にちなんだ歌詞。ラップ調に次々と繰り出される。

と思いきや、「恋はベルバラお菓子は別腹」と、「ブルボン」つながりでお菓子のブルボン社の商品名の羅列へとなだれ込み、「パンがなくってーも、おもてなしはブルボン王朝」でしめる。たぶん、歌詞の大半は言ってみたかっただけなのではないか。

そして曲も佳境を過ぎ、バックトラックが終焉へと向けて最高潮に達したとき、やおら素っ頓狂な声で放たれる言葉。

 「お菓子を食べればいいじゃなーい!」

しかもご丁寧にリフレインまでする。そ、そうですよね、とうっかり思ってしまうほどの説得力というか強引さ。それ、絶対に言ってみたかっただけやん、と思う。

脈略も意味もすっ飛ばして、真夜中の浅草で繰り広げられるフランス革命。浅草だけではない。人知れず、いたるところで同じような「革命」が起こっていたとしたら、なんとも痛快なことだと思った。


« ああそうだったと思いだした:映画『少女は自転車にのって』を観て | Main | 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(序) »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真夜中のフランス革命:

« ああそうだったと思いだした:映画『少女は自転車にのって』を観て | Main | 『ツインピークス:ファイナル・ドシエ』ナナメ読み(序) »

C3メモ


  • www.flickr.com
    nasserhaff's items Go to nasserhaff's photostream

無料ブログはココログ