« April 2007 | Main | June 2007 »

2007.05.29

□□□

「□□□」と書いて「クチロロ」と読む。そういうユニット名なのです。
今は亡き某有名ネットラジオで知ったセカンドアルバムの『ファンファーレ』はほんとうにオススメなんですが、視聴するところがないようなのが残念。このアルバムに収録されている「朝の光」は名曲です。徹夜で遊んだ帰りの早朝、少しずつ明るくなっていく街を歩いていくという経験があったりするかもしれませんが、それが見事に表されているのがこの曲。鼻腔を通る冷たい空気まで思い出せそう。

いつのまにか坂本龍一と同じレーベルに所属して、あれよあれよという間にポッキーのCMでゾーブに乗ったり(スペースシャワーのみ)、「ミュージックステーション」で名前の読めないユニットとして紹介されたりと、にわかにブレイクしつつあるのかいないのか。細野晴臣トリビュートにも参加してたり。

メジャーデビューシングル『GOLDEN KING』は、バシバシと光が点滅して、まるで宇宙で市中ひきまわしの刑を受けているかのようなわけわからない感じけどそれが良い。カップリング(もうこんな表現しないのかな)の「STARFLIGHT」は心地よい宇宙遊泳。東京のプラネタリウムで聴けるらしい。星空を見ながらこの曲聴いたら、さぞかし気分いいだろう。男声のラップにはアレルギーがあったりしますが、クチロロの場合はわりと平気。

先週リリースされたセカンドシングル『GOLDEN WEEK』は、うってかわってうかれ気分で楽しげなメロディチューンであります。やっぱり引き回され感はややあります。『LIFE』のころのオザケンに通じるものがあるようなと勝手に思ったりしてます。なんていうか、うかれてますよね>『LIFE』。

というわけで、みんなうかれ侍で聴いてほしいです(オチ弱いな)。

----------
□□□の公式

GOLDEN KING □□□(クチロロ) - GOLDEN KING - EP - GOLDEN KING

GOLDEN WEEK □□□(クチロロ) - Golden Week - EP - GOLDEN WEEK

2007.05.23

ツタがすごい

仕事柄、万博公園を散歩することが多いのですが、ちょっと奥に入ると見かけるのがツタ。
ツタってなんかすごくないですか? この鬱蒼感、みっしり感。ついつい見入ってしまいます。

C30095
ツター。どこに迷い込んだんだか。

C30096
ツター。下には虫がどっさりいそうです。

C30097
ヅダー。鬱蒼とした森の中をウォーキング。

C30098
グダー。それは姿なき恐竜空爆隊。


C30099
ついでにルピナスもどうぞ。

本物はもっとすごい

たとえばツタンカーメンの黄金のマスクのレプリカを見たりして、「本物はもっとすごいんだろうなぁ」というような心境になることがあるだろう。

通勤の際、駅から向かいのビル(ホテルと老人ホーム)を貫く陸橋をよく利用する。最近は夜遅くなると、ホームレスやヒップホップ少年少女対策のためなのか、陸橋やビルの外側の照明が落ちていることが多く、真っ暗で足元がおぼつかないときさえある。

ある日の夜、いつものように歩いていると、薄暗闇のなかから荒俣宏似の男性が、ぬっと出てきて非常に不気味でびっくりした。

そのとき思ったのが、「本物の荒俣宏だったらもっとびっくりするんだろうなぁ」ということなのだが、よくよく考えると荒俣宏と驚き加減はあんまり関係ないか。と思い直した。

2007.05.22

予言

仕事で外に出ているときや、待ち合わせ場所に向かうときは、ケータイで「駅すぱあと」を利用して、何時に目的地に到着するのか頻繁に調べている。

思うに、「駅すぱあと」などの時刻表案内は、予言みたいなものなのではないだろうか。

当たり前だが、目的地の到着時刻は、自分が乗る電車がその時間に到着するということである。つまり、少し先の未来の自分をあらわすのである。

もし約束の時間を過ぎたものが表示された場合、それは遅刻している未来の自分をまざまざと見せつけられているということになる。やっぱり予言である。

乗り継ぎの都合なのだろうか、すぐ次に来る電車ではなく、しばらく後の電車が表示されることもある。いますぐにやってくる電車がいつ目的地に着くのか知りたいのに、それが表示されないという融通の利かなさ。まったくもって予言的である。

おそらくそれでも間に合うということなのだろうが、「急いては事を仕損じる」と暗示しているようにも思える。僕は電車を待つのがとても嫌なので、ついつい次に来る電車に乗ってしまうのだけれど。「逃れられないわよ、自分の運命からは」という恩田レイ子の台詞が頭をよぎったりもする。

しかし、鉄道会社を2つ以上乗り変えるときなどは、上手くいけば「予言」よりも早く着くこともある(逆もある)。そのとき僕は、予言に勝った。運命を変えてみせた、と思うのである。

運命に打ち勝つために、僕は今日もホームを走るのである(要は遅刻しかけ)。

2007.05.06

人のかたち、足のかたち

自分の足が、何型か知っているかい?

5本の指の長さで決まるもので、僕は人差し指がいちばん長いギリシャ型。
そのほか、親指がいちばん長いとエジプト型、指の長さがほとんど同じだとスクエア型となるそうな(こちらを参照)。

僕の靴のサイズは、他の人よりもわりかしちょびっとささやかに大きい28センチが標準。おかげでほしい靴のサイズがなかったり、安物のサンダルやスリッパはかかとがはみ出る始末(無印のサンダルもあきまへん)。それが足の指の長さが原因だったということに気づいたのですよ。人差し指が親指と同じくらいだったら、僕の靴のサイズは27センチでも大丈夫だったことでしょう。

2月に仕事場で履くために、クロックスのケイマンというサンダルを買ったんです。ずっと革靴だと蒸れるし足が疲れてしまうので。梅田ロフトで売っているのを見かけて、ためし履きしてみたらこれがなかなかいい!ということで衝動買いしました(もともとはオフロード用のものなんですけどね)。気に入った点を書きますと、

・見た目よりはるかに軽い
・通気穴が開いているので通気性がよい
・グリップ力も強くて滑らない(摩擦力強すぎてコケそうになることも)
・ストラップを前に倒せばツッカケ的に、後ろに倒すとしっかりとホールドされる
・サイズが30センチまである
あと何と言っても材質のぶにぶに感がたまらない。ときどきわざと体重をかけたり、指で感触を確かめてたりしてます。

Caymannavy

しかし、悲しいことに僕の足のかたちと合わない。ケイマンは、足の親指部分がいちばん長いデザインとなっていて(オブリーク型の靴というそうな)、すなわちギリシャ型の僕がはくと、足の人差し指のみ干渉して、他の指の部分には余剰スペースができるのですね。ぶにぶにした材質のため、足にはそれなりにフィットするし、痛くなるといったことはないのでいいのですが。

靴選びはサイズだけじゃなくて、足と靴のかたちのマッチングも重要なんですね。現に、同時に買った革靴(オブリーク型)は、サイズを人差し指にあわせているのであんまりフィットしてない気がします。かといって、ワンサイズ小さいものを履くと、人差し指が痛くなって、一昔前の厚底サンダルを履くギャルたちに無駄に共感してしまったりするので……。かたちは好きなのに残念。

そういえば、僕が買ったのはクロックスのものですけど、他のメーカーからも同じようなものが出ているようです。いちおう言っておきますと、ストラップの根元にワニのマークがついてるのがクロックスです。他のものはためし履きしてないので、クロックスと比べるとどうなんでしょうね。

« April 2007 | Main | June 2007 »

C3メモ


  • www.flickr.com
    nasserhaff's items Go to nasserhaff's photostream

無料ブログはココログ