« October 2006 | Main | December 2006 »

2006.11.24

左手の確認

斉藤茂太さんが亡くなられたというニュースを聞いた。ご冥福をお祈りします。

とはいえ、僕は斉藤茂太さんのことをよく知っているわけではない。本業が精神科医ということも、今回の訃報で初めて知ったぐらいだ。ではなぜ斉藤茂太さんのことを知っているのかというと、彼が書いた左利きに関する本を読んだことがあったからだ。

僕の家には、箱崎総一さんというこれまた精神科医が書いた左利きの本があった。彼は1970年代ぐらいに、当時の左利きに対するネガティブな風潮を変えるため「左利き友の会」という組織を結成した人物である。彼自身は右利きだが、彼の元に来た子どもの患者が、家庭や学校における無理な矯正が原因で精神的な疾患を発症していることに気づいたのが、友の会結成のきっかけだったらしい。僕は箱崎さんの書いた本を小学生か中学生のころに読んだ。それ以降、僕はこの本の存在をすっかり忘れていた。

話がなんとなくそれている気もするけど、その後大学に進学して、図書館にて斉藤茂太さんの本をふと手に取ったのだった。確か1,2回生のころだったと思う。これがきっかけで左利きに関する興味が高まり、自分の体験だけでなく、他の左利きの人がどのような体験をし、どのように考えているのかを知りたくなった。右利きの人間が「あたりまえ」と思っている世界は、左利きにとっては「あたりまえ」ではない。このとき感じたことは卒論のテーマにまでになった。斉藤茂太さんの本は、僕にとって左利き研究(最近してないけど)の原点といえるだろう。って内容はさっぱり覚えてないけれど。


そういえば、任天堂の新しいゲーム機「Wii」で発売される「ゼルダの伝説」最新作では、主人公のリンクの利き手が右利きに変更されたそうだ。これはWiiの特徴であるコントローラーの動き(振り)で操作する際、多くの人が右手でコントローラーを握り、振るのに、ゲーム内のリンクが剣を左手で振るというのは違和感があるということなのだろう。

ちなみに同時発売のゲームキューブ版は、リンクの利き手をはじめとするゲーム内のすべてのものが反転しているそうだ。GC版はある意味左利き用なのだ。


人間の身体は左右同じ形をしているように見えるが、実は非対称的だ。手だけでなく、目や耳、足、歯(どちら側でよく噛むか)には「利き」があるし、脳の機能や他の臓器にしても、対称ではない。

人間の身体が非対称である限り、Wiiコントローラーのような道具や環境、価値の「右」と「左」の問題は解消されないのかもしれない。とはいえ、そのようなものだと納得するのは違うように思う。とても微細な疎外感、ストレスの積み重なりは、どのようなかたちで声に出していけばよいのだろうかと思う。

2006.11.18

ルンビニ日和

先月ぐらいでしたか。
母校から同窓会の案内などなどが送られてきました。
「ブッダのふる里を訪ねて」というネパールへのツアーの告知もありました(うちの大学は仏教系なので)。行程表を見ていて、首都カトマンズ近郊やポカラなど、有名どころだけをめぐるのかと思いきや、目に留まったのはルンビニという町。行くのか…本当にあそこに…と思ってしまいました。

ルンビニはインドの国境近くにある町、というか村。
仏陀が誕生して、この世に降り立った生まれた場所や、産湯につかった池があったりします。各国の仏教寺院なども立ち並んでいます。

C30074

僕はネパールからインドへ国境を越える前に、日帰りで行ったことがありました。『地球の歩き方』には、仏教寺院地区の地図が書かれていました。この地図を信じていくと、実際とのギャップについていけなくなるかも。

僕はきれいに整備された道や水路などを想像していたのですが、実際には、まるでそこは、熱帯のジャングル。いや、サバンナ?

C30075 C30076

あたりはこんな感じ。けっこう険しいのです。
僕が行ったのが7月上旬で、雨季に近かったからかもしれません。水溜りだらけ。
水溜りに近づくと、ぽちゃんっ、という音が。かわず飛び込む水溜りなのです。

根性でいくつかの寺院をまわりました。道なのか普通の水溜りなのかよくわからないけものみちを進みます。一部はまだ建造中でした。心なしか、地図の縮尺と違うような気も。へとへとになりました。

C30077

これはドイツ寺。まだ建造中。道中、欧米系の僧侶とすれ違いました。どうやって生活してるんだろうと不思議になります。
個人的に気に入ったのは中国寺です。背中に「中華寺」と書かれたTシャツを着た拳法家みたいな僧侶?がいます。

この日は朝から天候がよくなくて、ゴロゴロと雷がなっていました。寺巡りもひと段落ついたところ、突然の大雨に見舞われました。それはもう、ジャングルのスッコール。どおりで道の大半が水没し、あたりが水溜りだらけだと思いました。

C30078

平和の火?のようなものもありました。平和を象徴して、永遠に炎が絶やされることがない、みたいな説明がありそうなものの、直後にスコールが来たので、ぜったいに消えたと思います。

いまは寺院の建設も終わって、きれいに整備されているかもしれません。ちょっとみてみたい気がするけど、アクセスが面倒なので、個人旅行じゃなくて、ツアーで行く方がいいかもしれません。

« October 2006 | Main | December 2006 »

C3メモ


  • www.flickr.com
    nasserhaff's items Go to nasserhaff's photostream

無料ブログはココログ