« May 2006 | Main | July 2006 »

2006.06.28

間隙060628

「アハ体験」がなにかと話題だけれど、
ここはあえて「ABBA体験」を経験してみるのはどうだろうか。

嫌がおうにも脳も活性化。
振り付けつきでダンシングクイーンを踊ってみたい。
いやしたくない。

2006.06.11

電車精神パシー

朝、ラッシュ時の駅にて。
止まった電車のドアの前に近づき、ドアが開くのを待つ。

開かない。
だって回送電車だから。

なんだよ急いでるのに。いいから乗せろよ。
乗れると思ってドア間近まで来ちまったじゃねえか。
勘違いしたってバレるかもしれないから戻れないじゃないか。

こんな人々の負の感情を一身に受け、回送電車は発車していく。

乗客は乗れない側だが、乗せられない側だったら、非常に心苦しいのではないだろうか。
少なくとも、僕が車掌だったらそう思う。
ごめんね。朝で忙しいのに乗せてあげられなくてごめんね。
などという無駄なシンパシーをいつも感じている。

まあ、電車に乗ればすぐに忘れることだけど。

----------
通勤にはモノレールを使用している。
駅にモノレールが到着する際のアナウンスは、モノレールにとって屈辱的な現実を突きつける。

「電車が近づいています。ご注意ください…」

電車、である。
モノレールではないのだ。
厳密にいえば、モノレールも電車の範疇に入るのだが、そう認めたくない何かがある。
レールが一本だし。レールにぶら下がって走れるものもあるし。あとGがきつい。なんとなく未来都市っぽい。あんまり満員にならない。

そんな選民思想を打ち砕く残酷なアナウンス。ああ…。
京阪との乗継が微妙に悪いのも、電車賃が高いのも、「モノレールだから」ということで許せた(かもしれない)。最近は、駅員さんの対応がやたら良いのに感心していた。

しかしやっぱりモノレールは電車なのだ。
ロボットに指令を出していた人間の司令官が、実は同じロボットだったということが判明した時のような気分だ。

まあ、電車に乗ればすぐに忘れることだけど(あっ、モノレールだった)。

« May 2006 | Main | July 2006 »

C3メモ


  • www.flickr.com
    nasserhaff's items Go to nasserhaff's photostream

無料ブログはココログ