« June 2005 | Main | August 2005 »

2005.07.27

甘いANTAの不思議

ANATAKIKOUのセカンドアルバム、『Gradation’12』。セカンドアルバムといっても、すでに廃盤になったインディーズ時代の音源の新録音やリマスタリングに、新曲を一曲加えたものです。

最近になって、「リリー」を昔タワレコで試聴したことがあったのを思い出しました。当時、高校の同級生が劇に出演するというので観に行ったら、その役がなんと「おかまのリリー」。そして、ANATAKIKOUという変わった名前のバンドのシングルも『リリー』。しかもおかまのうた。

妙なシンクロニシティを感じて視聴したものの、結局買わずじまいで、彼らの名前もすっかり忘れていました。そして数年後、某有名ネットラジオで再び彼らの音楽を聴いたのです。

自分のアンテナ感度の悪さを呪いたい気分ですが、音楽との出会いって「縁」みたいなもので、たとえいい曲だとしても、自分にその曲を聴ける土壌がないと駄目なんだろうなと思います。

さて、その「リリー」、インディーズ版は情緒があって、少し滑稽なイメージを抱いていたのですが、新録版はPVの映像もあいまって悲しい歌に聴こえます。もしかしておかまのリリーを偲ぶ歌だったのでしょうか。いい歌ですが、寂しさも感じます。

「アーチ越えて」も新録音です(正式には「アーチ、越えて」なんでしょうか)。インディーズ版の、はじまりは淡々と、そして途中でぐわっと盛り上がるところが好きだったりもしたのですが、新録版もなかなかいいです。新しく付け加えられた歌詞で切なさ倍増です。

「五つの夜まで」「モネラ氏の庭園」「甘い種の不思議」、そして新曲の「それは秘密」は、今回初めて聴きました。

「モネラ氏の庭園」、とらえどころのない不思議な曲ですね。どういうテンションで歌ってるんだろこの人、という感じ。

そのほかの曲は、リマスタリングされたりリミックスされたりしているのですが、インディーズ版と大きく差はないような気がします。「黄色い道」「うろこのない魚」「カリントボンボン」は、かろうじて音の聴こえ方が違うというのがわかるのですが。


どうでもいいことなのですが、このアルバム、iTunesのCDDBだと「ANTAKIKOU」って登録されていました。アンタキコウ。トルコの地名みたい(それはアンタキヤ)。しかも「アーチ越えて」が「アーチ越えて」になってるし。修正して送信しておきましたが、他の人が見たらちゃんと修正したものが表示されるのでしょうか。

2005.07.25

間隙050725

先週の日曜日、友人Sさんと大学時代にお世話になった先生夫妻にお会いした。お宅にお邪魔する前に、4人でボウリングをすることになった。

僕はボウリングを3回ぐらいしかプレイしたことがない。
そのせいなのかもしれないが、僕の投げるボールは、まっすぐに進まない。いつも、右側にゆるい弧を描く。ちょうど”)”←のように。自分でも見ていて不思議。おかげで右端に残ったピンはだいたい当たらない。

「左利きはスポーツが得意」と言われたりもするが、全員が全員そういうわけではないのは当たり前のことである。僕はそんな身勝手な表象に「抵抗」しているのだ。と、運動音痴の自己弁解をしておく。

全4ゲームプレイしたが、1ゲームしただけでバテる。ひとりだけ絶好調なのは先生だけだった。後になってエンジンがかかるタイプだそうだ。

-----
友人Sさんが、来月にトルコへ行くという。心底うらやましい。
夏のトルコ、いいなぁ。暑そうだけど、寒いよりかはよっぽどいいと思う。

僕がトルコに行ったのは冬真っ只中。しかも数十年来の大雪だった。
寒さに耐えられず、風邪も引けば下痢もする。しかも、とあるアクシデントで肋骨にひびが入ってズキズキ痛んだ。
アンカラでは、ふと耳を触ると滅茶苦茶冷たくなっていて、なぜかシャリシャリ音がなってかなり怖かった。凍傷で壊死したのかと思った。

とまあ、悲壮感漂う旅ではあったのだが、それなりに楽しめた。
南の方はあったかかったし、食べ物もおいしかった。

僕が「いいなぁ」と言うと、Sさんに「いいだろう~!」と言われてしまった。ちいっ!

2005.07.21

塊は魂

ロマンティックゲーム『みんな大好き塊魂』のサウンドトラック、『塊は魂』。断言されてしまいました。

前作『塊フォルテッシモ魂』とは予算の額が違うのかなぁといろいろ思いました。歌詞カードはカラーだし、タワーで買うと特典つきだし。

まず一曲目、海外ファンが耳コピでカヴァーした「塊オンザロック」を、ナムコスタッフがそのまんまのアレンジでカヴァー返ししてるのがおかしかったです。


野宮さんの「ベイビーユニバース」、よく聴いてみると、それほどピチカートっぽくもないかなと思いました。

ストリングスの使い方が、ピチカートにはあるようでない感じですね。強いていえばシングル版の「パーフェクトワールド」に似ているかも。コーラスの心地よさやベースが妙に効いているのもそれっぽい。いやそれ以前に楽曲として大好きです。


キリンジは意外と楽曲に関わっていなかったみたいですね。「つよがり魂」も、編曲をしただけのようですし(しかも境亜寿香さんと共同)。「ヒューストン」という曲、堀込兄樹氏が歌ってるんじゃないかと思ったのですが違ったようですね。なんか似てるんです。


YOUの「天使の雨」は、序盤はしっとりフレンチ風味。しかし後半になると、たとえて言うなれば須永辰雄やFPMのアルバムの二曲目あたりに来そうなアップテンポでクラブライクな曲に様変わりします。ちょっとわざとらしい感もあるブレスや歌い方がまたいいですね。


今回も続投の新沼謙治氏の「Disco★Prince」は、前作の「月と王子」が個人的に名曲すぎたために取っつきにくかったのですが、だんだん慣れてきました。

この曲を聴いていると、『探偵!ナイトスクープ』にて、昔ディスコで踊っていたあの曲で再びフィーバーしたい!と依頼してきた農家の男性のことを思い出します。家で踊ったらフィーバーしすぎて窓ガラス割っちゃったのがおかしくておかしくて。


エンディングに流れる「キングオブキングのうた」もすごいですねぇ。『スターウォーズ』みたいなオーケストレイションは、ワルシャワ・フィル・ハーモニーによるものだそうで。無駄に壮大です(『SW』の壮大さは無駄じゃないよたぶん!)。
ある仕掛けのおかげで、初めてエンディングを観た時は最後まで聴けませんでした。


本当に残念だと思うのは、ゲーム中で使用された曲すべてが収録されていないことです。あと、公式で配信されてるムービーの後半に流れていた、「天使の雨」のデモトラックらしきものも音源化してくれないものかと思いました。オンザウェブで配信とかしてくれないかな。

そういえば、最後の「I love you」というトラックはどういう意図があったのか。謎が残る最後でした。

-----
コロムビアのサイトで一部試聴できます

2005.07.16

砂漠に星の海

1999年・夏のエジプト旅行を回想する「回想1999」。前回はこちら
現在位置はシーワオアシスとバハレイヤオアシスの間、真夜中の砂漠。
-----

真夜中。ふと目が覚める。
ここは砂漠のど真ん中。僕たちは砂の上にマットを敷き、毛布に包まって眠っていた。薄いマットを通した砂漠の感触は、意外と固い。僕の隣には、ランドローバーの運転手が眠っている。

少し寒いな。
念のため長袖のボタンシャツを着て眠りについたのだが、それでもまだ寒い。日中の暑さが嘘のようだ。

バックパックからウィンドブレーカーを引っ張り出して羽織る。ボロボロになってもいいものをと、中学生の頃から着ているやつを持ってきた。防水性もなく、袖のゴムがでろでろに伸びてしまったが、妙に愛着が沸いてしまって、2004年のインド・ネパール旅行の時にも持っていった。買い換えるのが面倒ということもあるが。

これで眠れるだろう。毛布にくるまり、ふと夜空を見上げる。その夜空の変化に気づき、僕は歓声をもらした。

月が沈んだ後に見えるのは、こぼれんばかりの星空だ。
数え切れないほどの星が瞬く。
「降るような星空」ともいうが、本当にいくつもの流れ星が降りそそいだりもする。

日本でも綺麗な星空を見たことがあるが、地平線近くまで星が見えるのは初めてだった。視界を遮るものがほとんどない砂漠ならではの光景だ。

この見事な星空を独り占めできるとは、なんて贅沢なのだろう!
ずっと眺めていたいと思っていたのだが、いつの間にか眠ってしまった。

2005.07.14

DPR

愛読サイト「デイリーポータルZ」から飛び出した架空のガールズバンドユニット、クラムチャウダー・シベリア・アタック。さらにその別ユニットであるクラムチャウダー・テトラプル・ジャック(長いよぅ)の音源が、13日の特集の中でアップされていました。

聴いててなんだかピチカートの「ベイビィ・ポータブル・ロック」そっくりだなと思ってmp3ファイルのタグを見たら、アルバム名に「デイリー・ポータブル・ロックE.P.」って書いてありまして。意表を突かれたというかなんというか。

個人的には大塚さんの声は嫌いではありません。本家クラムの曲も結構好きなんですけども。
墓の暴き方がなんだか…。ネタだからいいのかな。ピチカートマニアとしては手放しで喜んで聴けない複雑な心境です。あと、男コーラスの声が野太いですよ。

大塚さんの声は、ちょっと不思議なテクノポップ歌謡みたいな曲の方が似合いそうですけどね。リリカル路線でいってみてもらいたいものです。

2005.07.11

間隙050711

○『みんな大好き塊魂』の特典の王子ストラップ。早速つけてみた。
着信があると頭のアンテナがピカピカ光るのがおかしくって仕方がない。

しかし二日ほどすると、ポケットに入れていたためか王子の顔に大きな傷が…。
ケータイにぶつかって擦れてしまったのか。かなりショックだ。
残念だけど、元々つけていた太陽の塔ストラップに戻すことにした。
こちらは逆にケータイが傷つくのだけど。


○たしなみ程度に背が高いと、人を見上げることがあまりない。
だから自分より背の高い人にあまり慣れておらず、たまにそんな人と話す機会があると、なんだか緊張してしまう。
今回は190cm以上はありそうな人だった。

自分の視界よりも上に、人の顔があることのプレッシャー。
空から攻められるとはまさにこのことか。


○検索ワード「ルーカスの首」で、うちにたどり着いている人がいてちょっとうれしくなった。やっぱり気になるよね。

2005.07.08

みんな大好きなのさ、塊魂だぜ

(自称)名作『塊魂』の続編、『みんな大好き塊魂』を購入しました。原寸大王子の着信マスコットを手に入れるために予約までしておりました。

システムはほとんど変わっていませんが、ステージごとに巻き込むもの(動物とかホタルとか)が違ったり、力士に食べ物を食べさせたり、雪だるまをつくったりと、できることが増えています。僕はレーシングと動物園のステージがお気に入りです。レーシングのステージは軽く酔いますけどね…。お菓子のステージに出てきたつぶらな瞳の犬の画像に爆笑しました。

イトコ・ハトコで転がせるのもいいですね。ハトコは遠い血筋のためか、人(王子)型をしていないのが生命の神秘を感じさせます。

期待していたサウンド面も少し。
前作よりもネタ臭さは減ったものの、どれもクオリティ高いです。ゲストヴォーカルではない曲もいいです。「塊ホリデイ」とか「ヒューストン」とか。新沼謙治氏の曲は、ラップの部分を聴いていると「おら東京さいぐだ」を思い出してしまいます。

キリンジ「つよがり魂」もアウェイ感は否めないものの、「キリンジらしさ」が出ています。語尾の「のさ」と「だぜ」にひみつが隠されているような気がします。リフレッシューリーフレッシュー。

野宮さんの「ベイビーユニバース」も、昔フミヤートが作ったゲームのタイトルみたいですが予想を上回る良さです。正直m-floとのコラボよりこっちのほうがいいです。「恋に落ちるのー」というフレーズもピチカートっぽくてナイスです。

野宮さんのブログによると、ご本人もプレイなさっているご様子(以下引用)。

>そして、もうひとつは本日発売のナムコの塊魂2というゲームで歌を
>歌っていますので4649!
>私はこのゲーム大好き。一日の終わりに塊転がしてスッキリして眠りにつきます。
>やってみてね!

ソウソウ、オモシロイヨネ塊魂2。
…ッテ、タイトルガ違ウ!王様ダマサレナイワヨ!という感じです。


<050712追記>
野宮さんのブログに訂正がでてました。
KISSのマトリョーシカすごい。

2005.07.05

ハチエモン茶屋でコシャリが

『関西ウォーカー』で読んだのですが、須磨海岸にて開設される「ハチエモン茶屋」にて、エジプト料理のコシャリが食べられるそうです。

コシャリとは大雑把に言うと、お米とのびたパスタの上にトマトソースをかけ、さらにその上にカリカリに炒めたタマネギと豆(ひよこ豆とレンズ豆)をのせたものです。安価*1)な上にお腹がいっぱいになるので、毎日のように食べていました。もちろん味も大好きです。お好みで酢やサルサソースを加えたりもします。

コシャリはコシャリ屋で食べられます。カイロにもコシャリ屋がいくつかあるのですが、有名どころとしては「タハリール」や「アブー・ターレック」というお店があります。どの店も味がちょっとずつ違います。僕のお気に入りのコシャリ屋は、カイロ郊外・レバノン広場近にあるコシャリ屋です。小サイズで1ポンド。しかもひよこ豆が入ったトマトスープがついてきます。語学学校の帰りによく寄りました。

「ハチエモン茶屋」のサイトを見ていたのですが、まだ情報は書かれていないようです。見間違いでないことを祈りますが、『関西ウォーカー』には一杯600円と書かれていました。海水浴はあんまり興味はないですが、コシャリだけでも食いに行きたい…。今なら万博でも食べられそうですけども。

----------
*1)1~2ポンドほど(日本円で30~60円。1999年当時)。サイズによっても値段は異なります。ちなみにエジプトのお米はジャポニカ米のようで、日本のお米とほとんど変わりません。

馬の骨

ちょっと前に買ったのですが。

キリンジ・堀込泰行のソロプロジェクト「馬の骨」の1stシングル。公式の画像で抱えているのはどこのオーパーツですか?

「燃え殻」はキリンジの延長線上といった感じで、『for beautiful human life』に収録されていても違和感なさそう。「スウィートソウル」や「Drifter」と同じ系統かなーと。曲の最後で盛り上がってくるアコギの音色が、ブルース色をより深めている。

二曲目「red light, blue light, yellow light」のほうが、馬の骨独自のカラーが出ていると思う。ストリングスっぽいシンセが新鮮。こちらも曲の終わりが気になってて、「red light, blue light, yellow light」のコーラス部分の、「L」の発音を真似してみたりする。

『OMUNIBUS』みたいなのを想像してたけど、いい意味で裏切られた感じ。音のシンプルさは似ているかな。
しかし、トライアドに移籍するとは思わなかった。

2005.07.02

自分の字

半年ほど前に書いた、自分の字を見る機会があった。今とは比べものにならないほどきれい、というか丁寧なのに愕然とした。「字は体をあらわす」というが、この半年に何が起こったというのか。

どうしてこんなことになってしまったんだろう。
すさんでしまった自分の生活に思いをめぐらせていたのだが、字が汚くなったのは、シャーペンを細身のものからグリップが付いている少し太めのものに変えたのが原因であるということに気がついた。あのグリップ、白子みたいな形状で、ふにふにしていて気に入っていたのだが。

自分の手の大きさ(たしなみ程度に大きい)や筆圧(かなり強い)にあったペンを見つけるのって難しい。ボールペンも、左手で書くとかすれたりインクが出なくなったりして難儀することがある。

以前から愛用していた細身のシャーペンで字を書いてみると、半年前の自分の字とほとんど変わらず、少しほっとする。

« June 2005 | Main | August 2005 »

C3メモ


  • www.flickr.com
    nasserhaff's items Go to nasserhaff's photostream

無料ブログはココログ